忍者ブログ

夕凪の書留所

ただのヌルゲーマーの日記帳です

シンデレラ6thナゴド1日目の夕映えプレゼントで泣き崩れた話
こいついつも泣き崩れてるな


改めましてシンデレラ6thお疲れ様でした。
誇張や担当補正抜きで一番楽しいライブだったなと。特にメラド2日目は今思い返してもとんでもないセトリの組み方してきたなと思ってます。
そんなライブの中で曲が流れてくると色々と頭の中で記憶が蘇ったり感情が揺さぶられて感極まることが度々ありまして、特に今回はそれが多かったわけなんですけど今回はその中でも夕映えプレゼントについて話そうかなと。
いつも通り自分語りです。あと長いです。色々と。





さて、Twitter上だとデレに関わる話題の6割くらいは中野中野している私ですが一時期CuPだと思われることもありましたね担当としては5人をあげさせてもらってます。
アナスタシア、中野有香、並木芽衣子、氏家むつみ、そして藤原肇。
出会いは話すと長くなるので省略しますが、肇ちゃんについては担当にしてからはデレアニでサプボつかないかな、何かの拍子でしゃべるようにならないかなとずっと思っていたアイドルでした。
しかしデレアニでサプボはつくことはなく(ここで中野有香に触れることができたのでサプボについては決して恨んだりとかはしてないのですが)、ならば総選挙でやれるなりに彼女に投票しようと誓って臨んだ第5回シンデレラガールズ総選挙。
結果はご存知の人も多いと思います。


シンデレラガールズは時に残酷である。

中間である程度離されていたのは知ってましたが、TOP10に入るという結果を出しても声がつかない。
ここでボイスがつくための条件は知っていましたが流石に辛かったです。
当時は周りに同担のPがいたわけではないのでこの現実を受け入れるのに時間がかかりました。つまらないことでフォロワーとぶつかってブロックするされることがあった程度には体調的にも精神的にも悩んでいたころがありまして……
Twitterでもちょいちょい話したのですがこれが原因でTake me Take youを満足に聞くことができなかったんですよね。実際1年後に彼女にボイスがつくまでは遠ざけていました。聞くと辛くなったので。

そして1年後の第6回シンデレラガール総選挙。


デレ5th宮城の現地にいたのでゲームでの発表前に結果を知ることができたのですが、当時は嬉しいというよりもホッとしてました。
これで落ち着ける。苦しまなくてもいい。それだけでも十分な理由です。

けど8月末のボイス実装時の声を聞いた時は泣いている自分がいて。
モバマスを真面目にやり始めたのがアニデレからで、それ以前はフワフワしていたので他の担当Pと比べると思いの時間は短いかもしれませんが、自分にとってはそれでも長い年月で。
それで総選挙曲ができて、6thアニバーサリーイベントにVTRでメッセージがきて、デレステのイベントにも出て、どんどんカードに声がついて、しんげきに出て曲を貰って、デレステの周年ライブ(SS3A)に出て、ついにはユニット曲まできて。
それは本当に夢にまで見た世界のようでした。

そんな色々な思いが積み重なってきた中で挑んだのが今回の6thライブ。
SS3Aはチケットも仕事の都合もつかずなんとかLVでSS3A1日目の一部を見たような恰好だったので、事実上初めて担当が舞台に立つ姿を見るライブでした。

実際に参加したフラスタを見に行って、勇気を出して肇Pの方々にご挨拶にも行き、さあという気持ちの中で始まったライブ。
イリュージョニスタ!で出てきた時の鈴木みのりさんの衣装で感極まりそうになりつつも「兎に角声援」の気持ちでコールしたのを覚えてます。
そのままライブは進み、恋色エナジーから間をおいて朝のブロックでいきなりきたSunshine See Mayでやっぱり上手いなあ凄いなあと感動に浸り
「「ゆかりちゃんに届け!」」Kawaii make MY day!に胸を打ち、有香の歌声にエモさ爆発の秋風に手を振って。さらに嘗て遠ざけていたTake me Take youでセンター卯月の姿に泣いたりして、他にも緩急のあるセトリで楽しい時間を過ごしてきて。

そうして夕方ブロックも終盤に入ってさよならアンドロメダが終わり、「あー曲強かったな演出も凄かったな」なんて思いながら涙を拭ってたら流れてきたのがタイトルにもある夕映えプレゼントでした。
夕映えプレゼントといえばアニメ1期のED曲で、ライブだとアンコール前の〆に使われる曲なんですよね。いいライブだったなあ終わるの寂しいなあ…オレンジの海が夕焼けみたいで綺麗だなーなんて思いに浸る曲です。今にして思うと歌詞めっちゃエモい。

それがこのタイミングで流れる?全員で歌うとは思えないけどじゃあ誰が歌うの?
そんな顔しながらモニターを見たらそこには担当の中の人の名前が載っていて。
前のアンドロメダで涙腺緩くなっていたのもあったのでグッとこらえながら「ここは曲を聞こう」と思ってました。
だけど今までは綺麗に終わるEDとして聞いてきたはずの歌詞が、その内容が、
これまでの自分と担当アイドルとの歩みを歌声に乗せているようで。
そこから泣き崩れるまではあっという間でした。
自分がここで見ている景色がまさしく「夢みたいに綺麗で泣けちゃうな」だったんですよ。こうして記事書いてる間も思い出して泣きそうになってます。
肇だけでなく有香やアナスタシア、芽衣子やむつみの担当を名乗っている上でこれまで辛いことも悩むこともあったけど、なんだかそれが許されたような気がして。
そう思ったらもうダメでした。UOで夕焼けの如くオレンジに染まった会場で歌う鈴木みのりさんの姿に目を奪われ、歌で泣き、終わった後は放心してしまいました。


実際は馬車の上だし歌唱メンバーも違うけど、本当にこんな感じだった。

この後MCを挟んで飛んできた担当ガルフロ案件や2日目のこの空の下、
初披露となる恋が咲く季節、Trinity Fieldからの流れ星キセキへの繋ぎ。
そして千秋楽の〆に相応しい全員で歌うalways。
夕映え前に先述した曲たちも含めどれも優劣をつけられるものではないのですが、
ナゴヤドーム二日間で特に印象に残ったのがこの夕映えプレゼントでした。
ライブが終わった今もこの話をすると泣きそうになります。実際ゆかゆかのりこP打ち上げでこの話をしようとして泣きました。

前回のガルフロの件と合わせて、曲の力と自分のシンデレラガールズに対する積み重ねと思いを感じさせる。そんな6thライブでした。
新発表であれこれ話が出ていますが、このライブを経た上で言うと自分の「担当に声全員の晴れ舞台を見る」という思いは変わりません。それが他の人と道が違ったとしてもです。
だって自分の好きな子達を、アイドルを愛せないのに周りにいいことなんてできませんから。

これからも自分の担当達のことをよく知り、もっと色んな人に知ってもらえるように頑張り続けようと思います。
PR

コメント

コメントを書く