忍者ブログ

夕凪の書留所

ただのヌルゲーマーの日記帳です

僕が有香Pになった理由
きらきら道中はいいぞ。
前回に引き続き頭の中を整理してみようと思ったので。



ご存知かもしれませんが自分が有香Pになったのはかなり最近です。
前回の内容の流れを見た方は感づいているかもしれませんが元々モバマスについてはCo属性のアイドルが好みであり、他の属性については(芽衣子さんを除いて)あまり目を向けていなかったわけです。
アニメでも追っかけてたのはアナスタシアでしたし、当時話題になったサプボについても肇ちゃんこないかなーどっかでくるよなーと思ってました。
そんな中でゆかゆかのりこがサプボで出てきたわけですが、当時は「へーアイカツ!で主役はったことのある人が入ったんだなー、モバマスでパティシエのSR持ってたし覚えておこうかな」程度の認識でした。今ほどコンテンツ自体に関心があるわけでもなかったですし。

そんな彼女が気になりはじめたのはデレステのおねシンソロバージョンを聞いてからです。えっ滅茶苦茶歌上手いじゃんこんな子いるのかみたいな。とにかく度肝を抜かれました。
だからかもしれませんがその直後の舞踏会でCMが発表された時に声が枯れるほど喜んだ記憶があります。その前からつぼみやら流れ星やらでヤバかったけど
でもその頃は「担当じゃないけど気になる子」の域からは抜けていませんでした。CMの初動を見て売上低いのを見てマジかよとは思いましたが。
4thの頃には担当にするって気持ちはありましたしSSAでの企画にも参加させてもらいましたけど、期待していたのはSSA2日目であり1日目の一番の目的は「このメンバーでライブやったら何が起きるんだろう」でしたから。実際にとんでもないことが起こりましたね?


17年に入った時には既に担当の一人として考えておりデレステでSSRが来た時は財産入れてぶん回して引いたりモバマスで湯の花乙女が来た時はフリトレで1枚抑えたり呟く回数も増えましたが、それでも気持ちの方はCoに比重を置いていた気がします。
一変したのは総選挙期間が終わってからでしょうか。あれ以降ぐんぐん気持ちが高まってきたというか、福岡公演のこともあって一気に加速していったような?そして振ってきたkawaiiイベント。期待度は高かったけど本当に来るとは思わず、必死こいて走った記憶が……
そして福岡公演。今までのあれやこれやが過去になったような感覚に陥りました。
今のように少しでも知ってもらう、もっと広めようと動くようになる決定打になったのは間違いなくここです。何もかもが楽しかったし、舞台に立つ彼女もまた楽しそうに輝いていた。理由なんてそれで充分でしょう。
後はもうこの辺境ブログを見ている方ならご存知の通りかと思います。


なんで自分が中野有香のことが好きで応援してるのかというと、不器用ながらに自分の求めるカワイイに一生懸命なところ。そしてそこに筋というか熱い思いを持つところに惚れたからだと思います。
思うで濁したのは正確なことをいうと「ここが好き!」ってのは無いんですよね、フワッとしちゃいますけど色々なものを含めて彼女が好きなので。
ただ好きな理由がきっかけとなった歌が上手いから、だけならここまでの存在になるとは無かったと思います。
他にも歌の上手いアイドルは沢山いますしそこだけを通して見えるのは中野有香ではなく下地紫野ですから。勿論下地紫野さんも好きですし応援して追っかけたい人ですよ。

4thライブの時にこの子伸びたなーなんてのは思ってましたけど、その後更に飛躍することになるとは正直思っていませんでした。カードに曲にと好待遇というか大車輪の活躍というか。
出番が多い故に心無い言葉が飛び交うこともありましたけど、決して理由がないのに運営が推してくることはないと思っているのでそこは間違いなく彼女の力だと信じてます。
ただ、そんな彼女がまだ持っていないのがシンデレラガール総選挙の実績。他で充分過ぎるほど実績を出してもこれがないと安定した軌道にも周囲からの評価も乗ってこないステータス。正直形骸化しているような気もしますが、1年を占う上でここの実績は外せないのも事実。
そんな1年に1度の勝負の場で彼女を、中野有香を壇上に立たせていつかは頭の上に冠をのせてあげるのが今の自分の夢であり目標です。
だけどそこで燃え尽きないように、そして暴走しないようにこれからも楽しく好きであり続けること。そしてもっと中野有香というアイドルを、一人の女の子を知ってもらうためにやっていければなと思ってます。


……思ったより文が長くなったな?
PR

コメント

コメントを書く